しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

お義母さんのヌイグルミ

月曜日に、義父・義母の遺影とともに、お義母さんの可愛がっていたぬいぐるみが届いた。

横須賀の家を処分することになった、パパの弟さんから。

義母のぬいぐるみ 

狭いワンルームマンションに引っ越すことになったからと。

パパのうちはパパと弟さんと、男兄弟だったから、パパがお義母さんに、このお友達サイズのもんちっちを買ってあげたんだったかな。

もんちっちの着ている綿入れは、お義母さんが作った。

弟さんの話では「綿入れ、ちょっとほつれているから繕って」だったけど、実際はあちこち、破けていて、繕う~ってレベルじゃない、これは作り直さねばーーー。

弟さんはぬいぐるみそれぞれに、メモをくっつけてきた。

「もんちっち」....愛称チッチ....30~31才?

らっこの「キュータン」....昔はおなか辺りがキューキュー鳴ったが、、

キツネの「コンタ」....小樽オルゴールのラベル付き....尾を回すとオルゴール。但し、もう音が小さい。

レッサーパンダの「ポンタ」、くまの「クマタン」

 

ちなみに、パパの実家では、もんちっち以外は見たことがなかった。

お義母さん、この大きいもんちっちをよく外で干してたなあ。一緒に昼寝もしていたりした、、。

お義母さんは、大中小のサイズの「もんちっち」を持っていて、、亡くなったときに、遺言で、「中サイズのもんちっちを一緒にお棺に入れて」という希望のとおりにしたのだそーだ。

やっぱり、一人で逝くのは淋しかったんだろう。

 

人は、一人で、何も持たずに生まれてきて

 

逝くときも一人

生きているあいだに可愛がっていたもの、お気に入りのもの、何ひとつ連れ出してはゆけない

人間は煙になって消えてゆく

自分の持ち物、すへてを遺して

 

そう考えてきて、なにか集めてコレクションするとか、買い物をするとか、という行動は控えてきたけど

この夏、いつのまにか増えたアジアの鈴たち

どーしましょ っていうか~

関連記事

Comment

 

大切にしてあった縫いぐるみがお家に来たんですね~
何だか切ないね、、、(*_*;
本当に何も持たずに亡くなってしまう

最近姉が身辺はいつも整理して物は減らしていかないと
あかんね~年取ったら、、、と言っていたが
そう思う今日この頃
でも今は片づけるのが大変なほど物に囲まれていますv-12
  • posted by rikoyan 
  • URL 
  • 2008.12/09 00:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

家の義母も 

モンチッチを大事にしていました。
おーしゃん(夫)の実家に帰ると未だに一番目立つ所に座っていて可愛いです。
時代・・・・なのでしょうか。
何やら懐かしくなってしまいました。
確か親指が口に入るようになっていたような。
近いのになかなか行かないので(義父は健在で外であったりする事が多いのです。)今度行った時はひなたぼっこで模させてあげようと思います。

パパさん目の具合は如何ですか?
実家の母も術後半月になりました。
まだまだ眩しくて・・・・と良いつつみ得るようになって嬉しそうです。
  • posted by romikakk 
  • URL 
  • 2008.12/09 18:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

いろいろ考える年頃・・このごろです
欲張りなのね
物だけじゃなく、ひととのつながりとか
いろんなものが増殖してます
やりかけの物はどうするんだとも思うしね~
でも近所のおじさん、毎年種を買って
畑のこと考えてた
いつがわからない身体だったけど
前向きなの
見習わなくちゃ
  • posted by きのみ 
  • URL 
  • 2008.12/09 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

うらんより 

うらん→ぽんすけさん
> 最近姉が身辺はいつも整理して物は減らしていかないと
> あかんね~年取ったら、、、と言っていたが
> そう思う今日この頃

そうそう、料理家の大原某さんが、そのような本を書いてましたん。
少ない持ち物でシンプルに暮らす、、とかいうの。
うらんも毎年、押入れの毛糸を減らす!だの、端切れを消化するのだ!
とか、目標を立てたりしましたが、どれも実現できてません。

逆に増えてますよおお、、持ち物は。
愛着のあるものが増えれば増えるだけ、なくした時が悲しいというのに。

義母のぬいぐるみたちは今のところ、置場がなく(^_^;)、ずっとこの
ソファに座ってます。時々、一匹ずつ、一緒に寝たりしてます。


うらん→romikakkさん
> 確か親指が口に入るようになっていたような。

そうです。おしゃぶりするようになってますね。
「ジェジェ」というお人形が流行ったこともありましたが、このお人形もセキグチのだったかな?やはり指が口に入るようになってました。
モンチッチ、
大人にも子供にも愛されていたんですね。
今は、こちらのサイトで見れますよ。
http://www.monchhichi.co.jp/hp/01_item/sekiguchi/40_other/01.html

お義母さんのモンチッチは体の毛並みがすっかり「へたって」変色して
しまった上に、お鼻もハゲてます。
なんとかリペアしてあげたい~。

> パパさん目の具合は如何ですか?

眼底出血後、レーザー治療してから週に一度通院してます。
「よく見えるようになった」とまではいかないのですが、「もやもや~」と
いうのはよくなっているようです。
眼鏡を作るところまできました。
先生と相談して、「乱視用の」(←うらんと同じ)かなり度のきついのを
作ることになってます。


うらん→きのみさん
> 物だけじゃなく、ひととのつながりとか
> いろんなものが増殖してます

うらんもいろいろ考えるこのごろです。
増やしてきたものを振りかえって、整理することを考えだす
そんな年頃や、時期を迎えたら
どう残すか、何を遺すか、誰につなげるか、とか

ひとはなにかを生み出して
次のひとに手渡すために
生きているのかなあと。

きのみさんは素敵なパッチ作品を次々と生み出していますよね。
増えていく、ひととのつながりも
思い出と心のリレーになる

うらんはリレーが出来なくて
両手はポケットの中。
  • posted by うらん 
  • URL 
  • 2008.12/12 17:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー