しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

デイサービスのボランティア

昨日はお呼びがかかったので、午後、ボランティアのデイサービスに行ってきました。
ボランティア初日。
ご利用者さまの両手を握って、玄関まで誘導。
車椅子を押して、近所をお散歩。
帰ってきたら、おやつの配膳。
レクリエーション。紙芝居、折り紙、坊主めくり。
で、午後4時に終了。

この日は特に認知症の方はいなかったみたいで、また、ほとんどの方が自立していて、
ご自分の足で歩けた。足の弱い方だけ車椅子を使った。
やっぱり段差に気を使う。
ほんの数センチもない段差でもティッピングレバーを押すタイミング。
パパの時のようにガタガタいわせて段差でガックンとなって「あー、ごめんね」なんて
ことはできないから。

皆さんを、ろくに会うことも出来なかった自分の母親だと思おう。
十分に介護できなかったパパだと思おう。
「しのぶちゃん、歩けるよ!」パパの笑顔が浮かんだ。
顔を見て話すこと。「わたしが車椅子を押しますね。」
動作に移るときに前もって話すこと。「ちょっと前をあげますね。」
ふらっと相談室で教わってきたユマニチュード
これからのボランティアに活かしていきたい。

車椅子を押しながら、やっぱりパパのことを思った。
死んでからでなく、生きているうちに
病気を治してあげたかった。
自分の手で食事をし、自分の足で歩けるように。
「しのぶちゃん、歩けたよ!」パパの笑顔が浮かんだ。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー