しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

身体の中にガンを飼っているということ

入院中、向かいのベッドに入られたご婦人は同じ病でも、「根治療法」で体内のガンを完全に取り除くのだと仰っていた。
術後、退院されてから色々副作用があるかもしれないけれど、それでも、わたしは羨ましかった。
わたしは今後、経過観察の期間がひと月ごとから、二か月後、三か月後、半年後と受診する期間が長くなっていくのだろう(再発しなければ)が、身体の中にガンがあることによって仕事を探すこともできないのが悲しい。
再発は覚悟していても、あの放射線治療のラルス(航内照射)だけは痛いし、しんどいから、キライ(苦笑)。
下痢は止まらないし、抗ガン治療は一睡もできないし。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー