しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

今度はパキシル

また抗うつ剤が変わりました。
今度はパキシル。
夕食後に一錠。

このクスリ、弟も飲んでるハズです。
「セロトニンを増やすことで気持ちを楽にする。」そうですが、まだ飲み始めて一日目で
効果がどうたら「落ち込みや不安を改善する作用があった!」とは言えないけれど、
気持ちが楽になってる 気配はありません。

ただ、何種類も処方してもらってる入眠剤は効いていて、寝つきが悪い、ということは
なくなりました。
でも、いまだに 「靴をなくす夢」をよくみます。
おとついも、歯医者さんの帰りに、さてビルを出ようとして足元を見たら
靴をはいていない!ことに気づいて、歯医者さんに戻ったりして、靴を必死こいて
探していました。

靴を失くす
というのは、何らかの暗示なんでしょうね。
いつも
やっと着いた駅に乗ろうとした瞬間だったり、散歩の帰りだったり、
何か行動を起こそう、起こしている最中に、靴をはいていないことに気づいて。
それで、靴が見つかってよかった~で夢が終わることはありません。
パニくってる途中で、目が覚めます。

パパを亡くして以来、どんな小さなモノでも、行方がわからなくなると、それが
一番気になってしょうがない性格になりました。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー