しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

episodo12.K野くんの企み

episodo12..K野くんの企み

もう数十年前の話になるけど、ずっと持っていたK野くんの写真を、缶ジュースを飲みながら笑っている写真を、無線科学部にいたN岡サンの前で破いた。もうケジメをつけるつもりだった。
でも写真はなくなっても心があの写真をK野くんの姿を覚えている。


さて、高校二年の秋。
文化祭実行の準備とともに、委員の何人かが学校の近くにテントを張り、そこで寝泊まりしていた。
準備と言いつつ、たぶん酒盛りなんかしてたんだろう。
もちろん先生には内緒で。
そこにわたしだけが女一人出入りしていた。
ある晩、「おい、○○(わたしのこと)、いるか。」と野太い声がした。K野くんだった。
「先生が呼んでるぞ、出てこい。」
げ、なんでばれるの?
仕方なくテントから出て、K野くんが照らす懐中電気の灯りを頼りに学校に戻る。

てっきり職員室で絞られると思いきや、連れていかれたのはK野くんの写真部だった。
son of a gun,
あのときは(苦笑)ほんとうに5文字(ただのバカの意味)だった。
K野くんの企みだったのに。
K野くん、わたしは暗闇でも、あなたか、あなたじゃないか、わかるよ。
テントで、同級生のK藤君と話していた時間を引き換えにしてまで、性のはけ口に利用なんかされないよ。

翌日まで、どこでどうし過ごしていたか、覚えていない。
朝になってキャンプ場に行ってみたら、先生が来ていて、男子みんな、ひと並びにされてビンタくらってた。
うわあ、、なんて間が悪い、、(^_^;
男子の一人が口を開こうとするわたしを見て、目で合図してきた。たぶん、何も言うなと。

そんなことがあってから・・K野くんはわたしを自宅に呼ぶようになった。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー