しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

告白

episode6.告白

生徒会は半年経つと会計以外は全員入れ換え。書記としてJが入ってきた。
今もゆるやかなウェーブがかかった髪と、下を向いたときの長いまつ毛を思い出す。
なんとなく気が合って、毎日おしゃべりしているあいだに好きになって・・

手紙を書いた。細かい内容は覚えていないけれど、”好きです”と書いたんだとおもう。
12月2日だったね。
生徒会室の外に呼び出し、手紙を渡したのは。
Jは手紙を開封してひととおり目を通すと、困ったような顔をした。

「あのさ、悪いんだけど、俺付き合ってるやつがいるから。」
「えええ~、誰?」
「会計のH。」

自分にとっては青天の霹靂だったけれど、まわりに聞いたらみんな知っていた。
ああ、だからこのあいだ二人で並んで帰っていったんだ、、
二人とも帰る方角は違うのに。JはHさんを送っていったわけね、、。なんて鈍感なやつ>自分。

普通なら、ここで身を引くところだけれど、わたしはあきらめなかった。
あきらめないから。そう言った気がする。
生徒会室ではもう会議が始まっていたので、Hさんが自分たち二人を呼んだ。
Jは黙って椅子に座ったが、わたしはHさんを睨みつけたあと、プイッと背を向けて立っていた。
今思い出しでもそんな態度は公私混同で、子供のワガママと同じレベルだ。

ここでJがきっぱりとした態度で自分を拒絶してくれていたら、わたしはJもHさんも自分自身もあんなに傷つくことなかったのにと思う。あー、でもこれは責任転嫁だ。
でもJの煮え切らない態度はその後も続いて、わたしとJは放課後に近くの海岸まで散歩したりしていた。
ある日の夕方、何の話をして、そうなったかは覚えていない。
たぶん、できるかできないか、何をって、キスを。

本気で言ったんじゃないのに、ふいにJはキスしてきた。
「どうだ、できただろ。」笑いながら足元の小石を蹴った。

Jは、心はHさんにあるのに、身体はわたしを求めてきた。
そうなったらもう後に戻れない。
JはHさんと別れることになった。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー