しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

ありがとう

ありがとう。

こんな、ほったらかしにしたブログを見つけて、
うらんのこと 励まして、メッセージを入れてくださった皆さんへ。

そして 電話で 海の向こうからも
わざわざ 心配してくださった方々へ。

今は この 御礼のことば しか 見つかりません。

パパが亡くなってから 半年

時に 立ち止まりながら
週2回のボランティア
毎日の家事 掃除、料理
市民講座やイベントへの参加
そして
自分にできる パパの供養
毎月のお墓まいり
パパへの語りかけ

自分にできることは 自分なりに 頑張ってきたつもりだけど

ここ数日 これまでにないほど 落ち込みがひどく
心と身体の不調がもう限界 みたいな感じで

できれば 病院とか薬とかに頼りたくはなかったけれど
どうしようもなく
知り合いの看護師さんに教えてもらった数軒のクリニックに
片端から電話をかけてみましたが
夏休みのせいか 予約いっぱいだったり電話がつながらなかったりで

困ってます
突発的な過呼吸や息苦しさ
自傷の衝動
部屋にいられない不安感

道を歩いていて突然涙が出て、涙が出て。

正直、ボランティアに行くのも
身体を動かして、その後、こころをついていかせるのが
しんどいです

うらんのパパとの死別は
最後の日が ケンカ別れみたいになってしまったので
最後に どんなに淋しい思いをさせて、うらんに失望して逝かせてしまったかと考えると
埋められない後悔の気持ちでいっぱいになってしまうのです。

きっと
パパに許してほしいのです。
夢に出てきて
「待ってるから、頑張れ」って言ってくれたら
残りの日々を頑張れるとおもうけど
まだその言葉は聞けていません。

江原さんの『いのちがあぶない』を読んで、
自殺したらパパに逢えないと知ってから
自殺は思いとどまりました。

ただ、皆さんにこんなに励ましていただいても、
まだ 笑顔になれない うらんです。
ごめんなさい。

でもたくさん、たくさん、ありがとう。
パパにも
たくさんたくさん、ありがとう。
たくさんたくさん、ごめん。
関連記事

Comment

NoTitle 

ゆっくり
ゆっくり
  • posted by Zin. 
  • URL 
  • 2012.08/02 13:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

うらんさん、こんばんは。

僕も「現実」に押しつぶされそうな時があります。

そんな気持ちをかろうじて支えているのは、いつかは先に旅立った妻に逢いたい、という気持ちです。

どんなに不器用でも、どんなにぶざまでも、自分の命を生ききれば、彼女は迎えに来てくれると信じています。

僕もうらんさんからたくさん「言葉」をもらいました。

ありがとう。

うらんさん自身も、他人から「感謝されるひと」なんですよ。

笑顔を取り戻す
歩を前に進める

あせらなくてもいい。
でも、そうすることで、少しでも「再会」の可能性が高まるなら・・・

今日も何とか生きてみよう。

と思います。
  • posted by むらさきせいじ 
  • URL 
  • 2012.08/02 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.08/04 22:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.08/07 10:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

うらんさん、お久しぶりです。
心療内科を受診してお薬を処方してもらった方がいいですよ。
私も行くのをしぶってましたが、薬によってどうにか普通の生活ができるようになり、もっと早く行けばよかったと思いました。

パパさんは、すべてを許してくれていますよ。
夫婦ですからお互い様です。
  • posted by はむ 
  • URL 
  • 2012.08/09 12:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

お久しぶりです 

覚えてますか?ろみかっかです。

うらんさんがパパさんを思う気持ちが胸に痛いです。

夢に出て来てくれると良いですね。
彼方とは刻の流れが違うようで、うちの子も夢に出て来てくれたのは20年で2回だけです。
しかも、1回目はベビーカーに乗る位の赤ちゃん、2回目は小学校低学年でした。
10年で3歳位しか年を取らない。
パパさんも近くて遠い所でうらんさんを見守ってます。
長い間一緒に居たのですから、うらんさんの事は一番わかってますよ。

私も言われたんですが…
私が悲しんでいたら子どもも悲しい。
私が笑っていたら子どもも笑っているよ!…
って…
誰にでも心残りは有ります。
大好きだったのだから当たり前です。
私だって一度も抱っこしてやれなかった事20年経っても心残りです。
彼方に行って会ったら思い切り抱っこするつもりです。
頑張らなくても、すぐに立ち上がらなくても良いと思います。
うらんさんのペースで前を向ければ…
  • posted by ろみかっか 
  • URL 
  • 2012.08/22 16:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

なんの言葉も差し上げられないのですが、ずっと、ずっと心の片隅にうらんさんがいます。
お体のこと心配です。
  • posted by アパアパ 
  • URL 
  • 2012.09/02 23:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー