しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

毎日生きるのが辛い・・けど

朝、目覚めるたびに、また一日生きなきゃいけないのかと、胸が苦しくなる。
あー、昨日もパパの夢、見れなかったなー。
生きるのは辛い。辛いことの連続。

でも、色々、ブーたれて、グチって、凹みながらもベッドから起き上がる。

昨日は一日3回も泣いた。
朝に泣き、午後に泣き、ボランティアから帰ってきて、また泣いた。
日が経つごとに、悲しみは薄らいでいくのかと思っていたのに、
ちっとも、そんなことはない。
むしろ、どんどん、どんどん、深くなっていくようだ。

どこに行っても、何をしても、
パパの代わりになるものも、ヒトもいない。

何かで心にあいた穴を埋めようとして、
埋まらないのが、苦しいのなら、
無理に埋めようとしないほうがいいのかもしれない。

うらん世代のヒトなら、ビートルズを知っているだろうから、
”Crippled Inside ”の歌を知っているかな。
曲名のCrippled という単語は訳がちょっと難しいのだけれど、
自分なりに意訳してみると「不自由になった心」とか「壊れた心」みたいな感じで

結局、心が壊れたときは、何をしても隠せない
レノンがそう歌っている。



長い前置きになってしまった。
それで、辛い辛いとつぶやきながらも、
午前中は、「干しごぼう」を作っていたし↓

午後はボランティアさせてもらっている「いっぽの台所」さんとこで、おやつに手作りケーキとお茶でほっこりしていたりして
昨日のケーキはうらんの大好きなバナナケーキでした。

帰りには今日収穫したのだけどお花が咲いちゃって、、と無農薬の菜花をいただいて

夕食には、これ↑をゆでて、粒マスタードとオリーブオイルと、お醤油ちょこっと混ぜたドレッシングを絡めて食べたし(このドレッシングはスタッフさんのレシピ)
「いっぽの台所」さんは、NPO法人「いっぽの会」が運営している、自分たちで作付け・収穫した無農薬野菜と自然食品を扱う、食事もできるお店。

無農薬の野菜は特に何もつけなくても、そのままでも、じゅうぶん味が濃くて美味しい。

こうやって、月日が経つうちに、
前よりもゴハンが食べれるようになり、ひとともフツーに会話ができるようになったものの、
ひとりで生きる辛さは、変わらないのです。
それがまた辛いのです。


パソコンが旅に出ているあいだに、いや、もっと、その前から、”自分のこれから”のことを考えていた。
それについてはまた、おいおい書いていこうと思います。

今日は雨ですねー・・・。
関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.04/14 13:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.04/14 15:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー