しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

折笠美秋さんを知っていますか

ずいぶん前、ドラマになって

でも、タイトルは忘れてしまっていた

ずっと、覚えていたのは

”抱き起こされて 妻のぬくもり 蘭の紅” の一句。

 

ALS(筋萎縮性側索硬化症)に侵された東京新聞の記者、折笠美昭氏(美秋は俳号)が献身的な看病を続けていた奥さまのことを詠んだ俳句だと記憶している。

この句を手掛かりに、探していた本が、昨日届いた。

妻のぬくもり

折笠氏の奥さまが書いた、家族のこと、夫のこと、その闘病の記録。

昭和61年の出版は、折笠氏がまだ存命であった頃。

平成2年に9年間の闘病の末、亡くなられたと聞く。享年55歳。

 

パパと同じ、横須賀市生まれということでなんとなく親近感があったこと、ドラマでは大好きだった俳優、荻島真一氏が演じたことで記憶に強く残っていた。

去年パパがCIDPの疑いと言われ、呼吸筋マヒを起こして窒息、人工呼吸管理になった時、折笠氏の奥さまを思い出すことがあった。

日に日に出来ないことが多くなり、自分の意のままに出来ない身体に苛立つ、、パパに対するとき、優しく出来ない自分が、気持がすさんでいく自分を感じるとき、この本がきっかけとなって作られたドラマの1シーン1シーンが浮かんでくるのだった。

 

明日から読んでみよう。

折笠氏の著書で『死出の衣は』という本は、今はもう入手できないようで残念なのだが、大阪府立大学のサイトで見つけた文書のなかに、氏の心情を吐露した下りを見つけた。

http://repository.osakafu-u.ac.jp/dspace/bitstream/10466/1836/1/KJ00000202495.pdfから引用。

ALSという進行性の難病と9年間闘われた、東京新聞特報部デスクの折笠美秋は、自力では呼吸ができなくなり、人工呼吸で辛うじて生命を維持し、全身不随でわずかに動かせるには目と唇だけになっても懸命に生きようとされ、生きる意味をみいだそうと句を詠み、日記を綴っていました。

それを、奥さんが懸命に折笠の目と唇の動きを読み取り、一字ずつメモされたのです。

著著”死出の衣は”で、「童話によくこんな話が出てくる。三つだけ願いを叶えてやろうと言われるのだが、欲張り過ぎて三回のチャンスを浪費してしまう、という筋書き。『だから、もし三つの願いを叶えてあげるといわれても、病気が治るようになどとは願わないことにします』と友達への手紙を書いた。

叶うならばまず1に、左右どちらかの手でもいい、文字を書くに足るだけの筋肉が欲しい。2は、自分で呼吸するに足るだけの胸の筋肉。そして3に、頭を支えるに足るだけの首の筋肉。

『そうしたら、ベッドの背中を起こしてもらい、何でも書くことができるのです。風を感じながら、足で散歩するとか、手に持った熱い珈琲カップを口に運ぶとか、ざぶざぶ冷たい水で顔を洗うとか・・・・それは贅沢過ぎる贅沢というものでしょう』。そう書いてから三年経って、三年間手を見つめ続けて、今では、この手が動いたら不思議なことだと思うようになって来た。手は、手を置くために妻が作った小さな枕の上に、置かれている。」

ここを読んで、泣けた、泣けた、泣けた。

健康な人間には些細な、なんでもない動作が、しかし折笠氏には切実な、願いなのだ。

パパならば、同じように願うだろう。ただ、その目的と、自分の手に握るものが料理をするための包丁であり、場所が台所で、まな板を目の前に置いて、自由に思うがままに料理を作ることだから。

関連記事

Comment

NoTitle 

先日調べものをしていて、
たまたま拝見してしまいました。

透析が続けられてほんとうによかったです。
他には何を申して言いか…。

また伺います。
  • posted by koaporo 
  • URL 
  • 2012.01/11 16:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

コメントありがとうございました。また、更新確認できて、良かったです。心配しました。私は次は2月6日に診断です。
  • posted by サトシ 
  • URL 
  • 2012.01/11 21:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.01/13 10:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

koaporoさまへ 

どうも、コメント,お見舞い、ありがとうございます。

> 透析が続けられてほんとうによかったです。

はい、ほんとうに、おかげ様で、という感じです。
クリニックには複数、先生がいるのですが、その日のシャントの調子にもよりますが、
先生によって、先行きの診立てが違ったりするので戸惑いました。
  • posted by うらん 
  • URL 
  • 2012.01/14 13:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

サトシさんへ 

ご心配かけて、スミマセンでしたーm(__)m

> 私は次は2月6日に診断です。

パパは来月9日にまた受診です。お互い、少しでも、よい方向への結果が出るといいですね。
祈ってます!!!
  • posted by うらん 
  • URL 
  • 2012.01/14 13:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

カギコメrさん 

お見舞いありがとございました。
年末に100均で買った鈴が、カギコメさんがくださったモノによく
似てます。
鈴を鳴らしながら、「よくなれ、よくなれ」と祈ってます。
  • posted by うらん 
  • URL 
  • 2012.01/14 13:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー