しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

去年の手帳から

去年の今頃・・手帳を見ると、今日、12/14は

公立昭和病院 循環器内科 外来。

帰りにハンバーグ大魔王でお昼。

まるちゃんからブックカバー届く。

 

とある。

この頃は二ヶ月おきに公立昭和の循環器内科を受診していた。この日もいつものようにパパに付き添って。

ちょうど図書館で借りていた『北欧ワンダーニット』の本と毛糸も持ち込んで、パパの診察を待つ間、外で編んでたっけなあ。隣りに座った、おばさんが「前沢の毛糸屋でセールやってるわよ」と教えてくれたんだった。

杖をつきつつも歩いて、診察を受けれたのは、この日が最後で、、

次に緊急で来ることになった28日には、車椅子だった。

 

お昼に入った、ハンバーグ大魔王も、同じように、この日が最後。「ランチが、このボリュームで680円は安くもないよねえ」とか言いながら、ハンバーグを食べてたのだ。

 

この週のメモ欄には、

パパ、吐き気、嘔気が強い。身体全体がだるい。腰痛あり。

 

この週の後からだんだんパパの腰痛はひどくなり、悪夢の年末がやってきたのだった。。

 

そんなことになるとは予想だにせず、この頃はまだ、のんきに、毛糸編み編みしていた。

エストニアスパイラルとか、キヒノヴィッツとか、編むのにトライ(練習)してたんだよね。『北欧ワンダーニット』に載っている珍しい編み方のなかで、「編んでいて、いちばん面白かった」のは、白樺編み

バスケット編みともいうらしい。

shirakaba-ami

↑練習なんで、配色がテキトー。それに、出来あがっても、コレ何にするのーで、悩んだりした。

結局、その後、パパの介護生活、入院で、本番編みしてない。

 

今も、このあいだ編み物の本を借りたはいいが、読む時間がなく、編む心の余裕もなく、一瞥しただけで返却日が来た。

あみねこも、また編みたいのになあ。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー