しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートステイでの出来事

さっき、ケアマネさんから、ショートステイ先のユニットリーダーさんから「パパさんをベッドから車椅子に移乗させる際に職員が失敗して、パパさんを床に落とした件」についての報告がありましたと、電話があった。

その件は先にユニットリーダーさんから連絡を受けていて、パパ本人は「床に落ちて、腰を打った」と言っているのに対して、当の職員はユニットリーダーさんに「移乗に失敗しかけたけれど、床には落としておらず、自分の足の上にパパさんが乗る格好になった」と話したらしい。

パパが床に落ちて腰を打ったと、わざわざウソをつく必要はないし、「足の上に乗った」感覚と、床に落ちた感覚を間違えることもない(頭も目も正常なんだから)と思うが、追求してもこれは「水かけ論」になるから、「不問に付します」とケアマネさんには答えておいた。

なにより、事なかれ主義のパパが、この件を向こうに連絡した事について「言わなくてもいいのに!次回行きづらくなるじゃんか」と怒っているのだ。

 

今日は、今週から介護サービスの利用日を変更するにあたり、ヘルパーさんもチェンジすることになったので、ヘルパーステーションの担当者さんと、これまでの担当ヘルパーさん、新しいヘルパーさんのお三人が家に来て、ショートステイ中の出来ごとをパパから聞いたのだ。

パパの話によると、夜勤の職員は移乗も下手で、どうやら介護の講習など受けていなさそうな感じだったそーな。

しかし、一番の問題は、入所する前に、向こうに「身体は全身マヒで寝返りを打てないので、2時間置きに体位変換をお願いします」と伝えておいたにもかかわらず、

昨日の職員さんは夜8時から朝まで一度もパパの部屋を訪れず、よって一度も体位変換されずにパパは8時間も同じ姿勢で眠れずにいた、ということ。

 

これには居合わせたヘルパーさんたちもびっくり仰天、呆れて怒り、「向こうに注意しなきゃ!」と息まいたのだが、パパ本人がまた、「言わなくていいです、次回行ったときに気まずくなる。」と何度も繰り返すので、ヘルパーさんたちも折れて、でも、次回利用した時にも同じことが起きたら、その時は連絡すべきですよ、とパパにクギをさした。

 

建物も部屋もきれいだし、ユニットリーダーさんはあいそのいい人なんだけどなあ、なかなか、あれもこれもと満足できる施設ってないよね。そこまで望むのゼイタクなのか~。

ネット上でもよくショートステイに預けたら、出発前にはなかったのにアザを作って帰ってきた、とか、ひどいのになると、行くたびに尿路感染しているとか、そういう話は聞いていたんだけど

どこの施設でも、多かれ少なかれ、そういう問題を含めて承知の上で、利用しなきゃならないんか。

 

ううううううー、ストレス減らしたいのに、こっちでもストレス溜まるう。

その職員さんも、他の利用者の世話にかまけて、パパの体位変換を忘れたのだろうか、

一度も思い出さなかったのか、それとも、疲れてサボったのか、

覚えていたけど、バツが悪いから朝の申し送り時にシカトしたのか、

確信犯だったら、ハラが立つー。

あああ、言いたいいい。でもパパが言うなっていうからーーー。

 

きいいいい(苦笑)。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。