しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

病院、脱出~

今さっき、三度目の摘便完了~。

また夜をまたいじゃったけど、昨日、ひどい病院を脱出(退院)してきました。

ほんと、最後まで、ひどい扱いでした。

病室に行ったら、

すでにベッドは撤収され、何もないスペースに、パパが車椅子ごと「置かれて」いました。

 

家に帰ってから、パパに聞いたら、

入院していた一週間のあいだ、ついに一度も

清拭なし、

シャワーもなし、ベッド上での洗髪さえなし、

あまつさえ

一日置きに飲む下剤も飲ませてもらってなかったそうです。

 

( ̄へ ̄|||)

その下剤、入院初日に看護師さんに確認したら「ないですよ」と言ってた薬ですが、、今日薬局から袋ごと返ってきました。ちゃんと渡してあったじゃん。

 

それだけでなく、

食後のインシュリン注射は打ってくれてたのですが、注射をブスッと打って、本来はここで10秒数えてから針を抜くんですが、ここの看護師は~

ブスッと刺して、すぐ抜いた って。

そんな、おおざっぱなやり方でいいのか~。

 

トドメのエピソード。

帰宅しての、遅いお昼のあと、パパが吐き捨てるように言いました。

「下品な病院だった!」

ん?

 

周りの患者の、おむつ交換するときに、

何、言うかと思ったら

「〇〇サン、クソしてるよ~~!」

って言うんだぞ、

看護師がさ、

大きな声で「クソ」だよ、あー。

 

(^_^;) んんー、もう、驚きません。

看護師もピンキリってことなんですかね。それとも、こういう老人病院みたいなとこには、こういうレベルの看護師しか来ないってことでしょうか。

 

この病院のホームページには

> 当院の理念は、
> 「患者さんを病気として診るのではなく、人間全体として診察していく」
> ことです。

> 今後も、「技術と心」の両面で医療レベル向上に努め、
> 地域の皆様に親しまれる、
> 開かれた病院を目指していきたいと思います。

 

って紹介されてます。

 

で、パパですが、こんなワケで一週間、下剤を飲ませてもらえなかったにもかかわらず、

家に帰ってきたら、安心したのか、

出たのでした(苦笑)。

夜は、夕食後に、ベッド上で洗髪、全身を清拭しました。

 

病室と看護師の扱いがひどかった分、

自宅は、専用看護師付きだし(笑)、呼べばいつでもコーラだってアイスだって出てくるし

個室だし(周りに即身仏じっちゃんはいないぞ)

環境、いいよねえ。

順天堂の個室が23,100円だったから、ここは40,000円くらい貰わないとねえ~

 

また今晩から

携帯を枕元に置いて、2時間置きに起きる、いつもの生活です。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー