しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

差額ベッド代のこと(1)

来週あたり退院できるだろうという先生の話だったのですが・・

昨日、再度先生から「循環器内科の先生が”うらんパパさんは胸に除細動器を植え込んでいるから、炎症反応の値が低くなったといっても、その値が安心できるレベルになるまで入院して経過観察したほうがいい”と言っているので、もう少し入院して頂くことになった」と言われ、、

ぐぁーーーん☆

パパも、がっかり。

11-0804-a

外もパパも黄昏てます。。

先生の「8月中にはおうちにお帰り頂けるようにしますから」という言葉も、励ましにはならないのでした。

 

そういう理由で入院期間が延びることについては、いいんだけど、、

入院期間が延びると、差額ベッド代が嵩むのが、ちょっと、、。ちょっと、というか、かなり、、財布のほうも倒れそうな(苦笑)。

でもねー、差額ベッド代。

入院当初は1日23,100円と言われていたのを、後から交渉して、4,310円に減額してもらったのですよ。

23,100円だったら10日で231,000円、( ̄□ ̄;;)

4,310円でも、10日で43,100円、、(;一_一)

年金暮らしには堪える出費ですぞ、、。

でも、元の1/4だし、しょうがないかー。

 

もっとも、もし、うらんが室料に関する同意書(特別療養環境室申込書というものだったが)に、署名捺印してなくて、後から知った知識を元に、医事課と交渉していれば、部屋代が無料になった可能性大だったのです。

それを考えると、知らないと損をする、お高い勉強代になってしまった。

話が長くなるので、詳細は次の記事で。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー