しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

退院日が決まったけれど

コメントをくださった方々、ありがとうございます。

心に余裕がなくて、お返事が書けません。ゴメンナサイ。

でも全部ちゃんと読ませて頂いています。切なくなったコメントもありました。

 

パパは今月末に退院予定です。

介護の福祉用具を再レンタルするのに、退院日が決まらないと搬入できないので、先生が決めてくれたのです。

ただ、容態がまた悪化したりすれば、6月にずれこむらしいです。

 

パパがあんなに願っていた、退院。なのに、

いざ日にちが決まってみると、喜びより不安な気持ちのほうが先立つみたいで、どんより暗い。

食事が普通食になり、お茶ゼリーも、通常の「お茶」になったあたりから、

皮肉なことに、また食欲がなくなり

ゴハンは見るのもイヤだという。

リハビリもやらなくなり、

声も小さく弱く、息切れしてしまう。

これが退院前の病人とは、とても思えないのだ。

 

無自覚低血糖も悩みだけれど、ここ最近、便を自力で出せなくなったことが一番の悩み

原因はわからないけれど、便が肛門まで来ていても、自分で出せないのだ。

肛門に激痛が走るようになり、痔用の(パパは痔はないけど)座薬を入れてもらって、痛みはしのいできた。

 

何日も排便できないのは問題なので、毎日、看護師さんに摘便してもらっている。

これもまた痛いのだ。ガマン出来ずにパパ絶叫しているほど。

 

入院中は毎回看護師さんに処置してもらえるけれど、退院までに自力排泄できないと、自宅介護になった時にどうするのか。摘便は医療行為だが、家族は行なってもいい(らしい?)と聞いた。

が、看護師さんに確認すると「シロウトが少し練習したからと実行するのは危険だから看護師にやってもらって」と言われる。

しかし介護サービスの訪問看護は「パパが便意を訴えた時にスグ来てくれる」システムではない。

あらかじめ、ケアプランに組み込んだ時間帯での訪問になる。

 

パパが毎日摘便しないと気持ワルイというなら、うらんがやってもいいけど、、

手慣れた看護師さんの細い指でもギャーーッって悲鳴をあげてるのに、うらんの太い指だと悶絶するんじゃないかなあ、いやマジで。

今日、看護師さんの指と太さ比べをしたら、うらんの指は看護師さんの1.5倍太かった・・。

 

どうなるんだ、、。

退院に向けて、ケアマネさんや関係各方面との連絡や段取りで忙しくなってきたのに、うらんの腰痛は悪化しちゃうし。(パパをベッドから車椅子へ移乗させる練習で痛めました~)

 

そして、叔父から電話。

実家の母がまた入院したと・・・。

肺炎の治療に使った抗生剤が強く効き過ぎて、容態が・・。

でも、いま、うらんは会いに行けないよ・・。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー