しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

パパ再び窒息・・しかける

ICUに入って、パパの顔を見て、「だいじょうぶ?」と聞くと、

小さく頭を横に振って、「だいじょうぶじゃない」と訴える。

 

先生から「昨日の夜、痰を詰まらせかけて、また意識レベルが落ちたんです。」

「ICUだからすぐに処置できたけど、一般病棟だったら間に合わないかも。」

「そんな経過があったので、昨日、気管チューブを外してみて、、という話をしましたけども、やはり無理と思います。」

「ただ、近いうちに気管切開してカニューレにはします。」

 

はい。。。。

 

「呼吸筋の力が低下していて、健康な人なら吐き出せるものも吐き出せないのは危ないので」

 

「脳内の先生から聞いたかもしれませんが、ご主人の病気・・フィッシャー症候群、、に効果があるかわかりませんが、免疫グロブリン療法も始めています。」

 

後ろの点滴がそれ だった。

 

昨日から、しきりと何かを言いたがっているんだけど、文字盤を使っての意思疎通もうまくゆかず、パパ本人はさぞ、歯がゆいことだろう。

あれこれ、推測しては聞いてみるけれど、全部ハズレなのだ。

先生の話は、もちろんパパには聞こえているので、再び窒息しかけたことは、どんなに怖かったろう。

 

家への帰り道、

ひとりで耐える辛さに涙をこぼしながら、

でも、一番 つらいのは パパだから、

うらんは二番目、

一番はパパ、

パパの辛さに比べたら、、、。

だから、明日も頑張って、面会に行こう。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー