しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

なれの果て

なんだかんだでパパのお世話を済ませて、ベッドで休ませる頃には11時を回ってしまうので、うらんの夕食とお風呂タイムはそれから。

夜中にもう1回くらい、おむつ交換がありそうだ。一日2回で済めば恩の字かな。

 

18日。

足取りおもーーく、透析クリニックに向かう。

予定の時間より早く着いたので、

近くの落合川で時間をつぶす。

 

キラキラ光る川面を見ながら

あー、ここはパパと何度も通ったなあ。

カモや鯉や、時には、あひるもいて。

ここに来た最初は浅間町にいたから、落合川の川べりを歩きながら

ヨーカドーまで行ったり。

 

順天堂の先生は血液検査の結果を見ながら

「心不全マーカーの値がメチャ高いし」と呟いた。

「先生、それ、BNPのことですか?」

「ああ、うん、NT-proBNPだけどね..」

BNP。心臓の心室から分泌されるホルモンで、心臓に負荷がかかると増加する。

 

昭和の先生は先日の心エコーで、問題ないって言ってたんだ、

あの言葉は何だったんだ・・

 

ロクに検査もしてくれず、再診を拒否した昭和の神経内科の先生に比べたら、順天堂の先生は色々詳しく細かく説明してくれた。〇〇という病気では、こういう症状は出ないから、この病気ではないとかね。

まだ病名は確定してはいないけど、パパは先生の説明に納得したようだった。

同じ医者なのに、違うもんです。

 

でももう、糖尿病のなれの果て、だって。

ずうううううううん、と胸の底に落ちて行った、この言葉。

 

時間が来たので、クリニックに戻った。

同伴すると約束してくれた、ゆいまぁるのYさんが先に来ていて、

Yさんの顔を見ると、少し、落ち着けた。

 

気が重かった、院長面談は・・・

先にソーシャルワーカーの女の子と、看護師長さんと、先に話を始めたせいか、予想していたほど暗いフンイキではんくて、ほっとした。

後から院長と、栄養士さんも加わって・・。

内容も、そうヘビーじゃなくて

まあ、車椅子に乗って、来られる限りは透析続けましょう~と。

 

でも、もし難病ということになって、寝たきりになったら、

ストレッチャーのまま送迎バスに乗ることは難しいし、

利用できても1回クリニックまでの往復で1万円かかるらしい。

そうなったら、やっぱり「入院」が現実的だろうねえと、

皆、小さくうなずき合ってる。

 

入院・・

でも、何処へ?

関連記事

Comment

NoTitle 

巡り合う先生によって、患者の人生が変わるって思います。私も5回程入院しましたが、セカンドオピニオンで、病院を回って納得しないと決めないと決めていましたが、入院して失敗したというのもありました。先生にとっては、何千人の一人だけど、こっちは100%不安を抱えてワラにもすがる思いで行ってるんだから、真剣に考えてよって思います。無責任な言い方だけど、ごめんなさいね。先の事を考えすぎても、先の事でしかないんです。今を、どう乗り切っていくか、相談できる窓口はないのか?少しでも、一つの事で堂々巡りして疲れが出ませんように。
私が、障害を抱えた子が生まれた時、奈落の底に落ちたような気がしました。泣いてばかりで、先の見えない生活でした。でも、どこかでか切り替えていかないと、生きていけません。うらんさん、辛くても助けて、手を差し伸べて下さる方がいます。諦めないで、思いつめないでね。そして、頑張りすぎないでね

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー