しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

去年の今日と今年の昨日

去年の今日はパパが検査入院で、うらんは久しぶりに、ひとりでゴハンを食べ、二人分の布団の上で、ひとりで寝たのでした。

二泊三日の入院だから、いないのは2日だけ。

でも、いつも隣りにいるハズのヒトが、2日でもいないと、空気もこころなしか冷え冷えでした。

ひとりではゴハンも美味しくない。

 

今年の昨日は、三鷹の血管外科までバスと電車を乗り継ぎ、行ってきました。

透析クリニックでレントゲンも撮ったし紹介状も持参してるから、受診(手術)は1度だけで済むかと思っていたら、初診は診断だけ、二度目に手術という話に変わり

実際に行ってみたら、二度目にまたコチラで検査をするからえぇ、手術は三度目だって。ガーン

 

しかも、年内は患者さんでいっぱいだから、手術は年明け、しかも1月末あたりになるのだそーだ。

ネットで調べたら、その手術(PTA=経皮的血管形成術)の所要時間は30分程度と書いてあったのに、パパの場合シャントが狭窄しているところが二箇所あるので、2時間かかりますと~~。

病院によっては念のために一泊入院させるというけれど、パパはどうなるんだか。

しかし、三鷹は寒かったなー。コッチより体感温度3度は低い、とパパの談。

 

帰ってきて、お休みさせていたら、夕方またまた原因不明の低血糖を起こして

 

血糖値を測ったら、59だったよ~ガーン

すぐ、ブドウ糖のタブレットをかっこんで

1時間くらいで、ほぼ治まったけど

インシュリン注射を打ってないのに、なんでかなあ。

関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー