しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

パパ、5年ぶりの墓参り

これは先週の日曜日(13日)の話、、

なんだけど、当日の夜は疲れてしまってバタンQ、次の日に書こうと思ってたら、あんなこんな汗で更新どころぢゃなくなったもんで、一週間遅れの記事です。

先週の日曜日、パパは5年ぶりに念願のお墓参りに行けました

お義父さんと、お義母さんの眠っている横須賀の市営墓地。

病気で倒れて以降、一度も行けなくて、、でも

いつも行きたい、とは言っていたけど、なんせアシがないし。パパの身体の状態で電車で行くのは無理だし。

あきらめてたけど、

行けたのは、ひとえに、友人Y君ご夫婦のおかげ

 

秦野から、「おじさんが途中で具合が悪くなったら横になれるように」と6人乗りのバンでやって来てくれた。

前から「おじさんは何処にも行けないから、どこか行きたいところがあったら行きましょう」と言ってくれていたY君。

その日も最初は何処に行くか決めてなかったけれど、Y君の「せっかくだから、おじさんの一番行きたいところに行きましょうよ」という言葉に甘えて、横須賀まで行ってもらうことにした。

横横(横浜横須賀道路)を使えば、そんなに遠くないから

ちょうど高速もすいていて、ホントに思ったより、早く着いた。

天気もよかったし

高速を出てからは、パパの記憶を頼りに走ってもらい、無事、目的地の墓地に。

途中で、お花を買って

きれいにしたお墓の前で、Y君ご夫婦、息子のIちゃん(1才7か月)も一緒に、手を合わせてきました。

 

横須賀はやっぱり、いいね。風が違うね。

すっかり様子が変わった墓地近辺の風景に目をやりながら、パパは懐かしそうでした。

 

来れてよかったね、パパ。お父さんもお母さんも喜んでるね、きっと。

せっかくの日曜日をつぶして、わざわざ来てくれたY君たち、ありがとうーーー

ひたすら、感謝感謝感謝の日曜日でした。

 

kaerukun

関連記事

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー