しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

パパ、歩き出す

昨年末の入院以来、大事を取って、あまり外を散歩する、とかの機会が激減したパパは

ある日、透析の送迎バスのステップにさえ上れなくなっていることにショックを受けた。

背中を運転手さんに押してもらわないと、バスに乗り込めない。

 

このままでは寝たきりになってしまう!!

行きの送迎バスをキャンセルして、クリニックまで歩くと言い出した。

んなの無理だよう。家の中でさえ、よろめいたりコケたりしてるのにさぁ~。

必死こいて、パパちんの無謀な「病院まで歩くゾ計画」を阻止しようとしたが、すでに性格が動脈硬化して、石灰化しているチョー頑固もんのパパちんは、

泣いてもすかしても、言うことをきかない。

じゃあ、前のように、うらんが付き添いでついて行く、という案も却下。

 

「一人でやらなきゃ、意味がないんだよ。だから絶対についてくんなよ!」と、すでにエプロンのポケットに携帯を仕込みつつ、後から付いていく気マンマンの、うらんに念を押すのだった。

そして勝手にクリニックに送迎バス断りの電話を入れ、看護師さんも心配するなか、病院に向かって歩き出すのであった、、

アパートを出たところ

写真(↑)はアパートを出たところ。

後ろから、こっそりカメラのシャッターを切った。

杖は必需品。うらんが「しまむら」で買ってきたショルダーをさげている。

パパちん後ろ姿

鬼太郎アタマはヘアゴムでゆわいてある。

せめて、最低限、うらんが作った「いざというときの救急メモ」(名前・住所・血液型や病名、かかりつけの病院の電話番号や医師名や、シャントが左腕にあるので輸血が必要な時は右腕にお願いしますとか、右胸に除細動器を埋め込んでますとか書いてある紙)を携帯してくれって頼んだのに、くそったれパパちんは、クリニックに置いてきちゃってるのだ。

これはやっぱり、後ろから数メートル離れて、ついていかねば、、、と、こっそり家を出るが、パパに感づかれてしまう、へっぽこ探偵のうらん。(T^T)

「ついてくるな~。しっしっ。」手振りで追い払うしぐさをする。

オイラは犬じゃないゾ怒

アパートに帰るまで、見ているので、仕方なく帰宅。

今のとこ、途中で倒れたとか、病院に到着してない、などのトラブルは起きていないが、やはり心配は心配である。

もちろん、さすがに帰りは、歩くことなぞ出来ないので、送迎バスを利用してます。

 

しかし、最近、あらたな問題が。

今度は自転車で行きたいと言い出した。

自転車だあ~!?

足先の感覚がないくせに、危ないじゃん。

 

馬鹿いってんじゃないよ~。(こんな歌、あったな、、)

でも本人はすでにそのつもりで、「折りたたみ自転車を買えば、行きは自転車で、帰りは送迎バスに自転車を積んで、帰ってこれるなあ」なんて、ひとりごとを言っている、、

誰か、パパちんの暴走を止めて~。kao05

関連記事

Comment

 

殿方は自分で決めたことは
何が何でも決行しようとするように思います。
我が家にもそういう奴が生息しておりますので
よく分かります^^;
どうしたらいいんでしょうね・・・
私も知りたいです。

こんばんは 

超頑固の我侭夫を持つ私はうらんさんのお気持ち、ほんのちょっとは解ります。
昨年まで介護のお仕事をしていましたので、、筋力を使わなかったら、あっという間に機能が衰えてしまうことを目の当たりにしてきました。
パパさんがやる気が有る以上、徒歩通院は賛成ですが
うらんさんの付き添い、認めて欲しいですよね。
今日はちょっと雨が降りそうだから、付いていくわとか・・・ダメかなぁ・・・
でも自転車は本気モードでしたら・・・看護士さんに説得していただくとかは?・・

てけてんさんへ 

> 殿方は自分で決めたことは
> 何が何でも決行しようとするように思います。
> 我が家にもそういう奴が生息しておりますので
> よく分かります^^;
> どうしたらいいんでしょうね・・・
> 私も知りたいです。

新聞の「人生相談」に相談したいです。(^_^;)
自分の足で歩きたい気持ちはわかるので、
だから、数メートル後ろをついて行くのは、別に
かまわないじゃないかと思うんですけどね。

奥さんが歩いていると思わずに、
ちょっと肥った(^_^;)犬が、ついてくると
考えてくれればいいのに。


  • posted by うらん→てけてんさん 
  • URL 
  • 2009.04/20 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: こんばんは 

ゆりさん、コメントありがとうございます。

> 超頑固の我侭夫を持つ私はうらんさんのお気持ち、ほんのちょっとは解ります。
> 昨年まで介護のお仕事をしていましたので、、
> 筋力を使わなかったら、あっという間に機能が衰えてしまうことを
> 目の当たりにしてきました。

そうなんです。廃用委縮するんですよね。

> パパさんがやる気が有る以上、徒歩通院は賛成ですが
> うらんさんの付き添い、認めて欲しいですよね。

うんうんうんうん。

> 今日はちょっと雨が降りそうだから、付いていくわとか・・・ダメかなぁ・・・
> でも自転車は本気モードでしたら・・・看護士さんに説得していただくとかは?・・

シロウト判断せずに、看護師さんに話してみなさいって言ってるんですが
うらんのパパちん、ちょっとストイックな考え方をしているヤツで

クリニックには我儘言いたい放題の年寄り患者が大勢、看護師さんに迷惑を
かけている。そんな中、俺のことでまた手をわずらわせたり、時間を取らせる
のは、国の医療費助成で命をつないでいる自分にとって本意ではない。
だから、看護師さんと親密にならないように、必要でない会話は一切しない
ようにしている。(パパちん談)

と、こーです。
医療スタッフだけでなく、患者仲間さんとの間にも自ら進んで壁を作ってる
というか。
うらんには理解できないです。

  • posted by うらん→ゆりさん 
  • URL 
  • 2009.04/20 21:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

頑固夫を同じく持っている私です。
うちのオッサンは病院嫌いです。
熱が出ようが鼻水ズルズルだろうが 置き薬で治そうと思っている男であります。
でも、去年から何があったのかちょっとでも具合が悪くなると病院に行きます。
注射だって恐いくせに…
そう、恐れのオッサンはホントに病気になったら私から離れないんじゃないかと心配です。
うらんさんのご主人様は自立したいという気持ちがあるようですね。 
うらんさんの付き添い許可が出れば一番良い事ですね。
私は多分 会社休んでも俺の病院に付いて来いと言いそうです。
自転車は先生からどうにか言ってもらうしかないですよね。
自転車は絶対に危ないもん!!
  • posted by まる 
  • URL 
  • 2009.04/21 14:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

まるちゃんへ 

> 頑固夫を同じく持っている私です。
> うちのオッサンは病院嫌いです。
> 熱が出ようが鼻水ズルズルだろうが 置き薬で治そうと思っている男であります。

パパちんもサラリーマンやってた頃はそうでした。

> でも、去年から何があったのかちょっとでも具合が悪くなると病院に行きます。
> 注射だって恐いくせに…
> そう、恐れのオッサンはホントに病気になったら私から離れないんじゃないかと心配です。

いざ病気になると、やっぱり不安でいっぱいになるもんね。
頼れるのは身内だし。
パパも倒れて、病院のCCUのベッドにいる間は、ずっとうらんの手を離さなかったし
数日間、拘束(^_^;)されてたので、何日もうらんは絶食状態、先生や看護師さんがパパを
説得してくれて、一時帰宅したくらいです、、。

> うらんさんのご主人様は自立したいという気持ちがあるようですね。 
> うらんさんの付き添い許可が出れば一番良い事ですね。
> 私は多分 会社休んでも俺の病院に付いて来いと言いそうです。
> 自転車は先生からどうにか言ってもらうしかないですよね。
> 自転車は絶対に危ないもん!!

ね~え。
自分がコケるだけならいいけど、他人を巻きこむ恐れがあるものね。
大丈夫だ、なんて言ってますけどね。
今日も低血圧になって、倒れかけたのに、言うと、うらんに怒られるので
黙って出ていって、、
駅に着いたら、さすがに座りこんだんですよお。

歩いて、こうなんだから、自転車に乗ってたら・・。
  • posted by うらん→まるちゃん 
  • URL 
  • 2009.04/21 19:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー