しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

少年マガジン派

もちろん、「りぼん」も「なかよし」も「マーガレット」も「少女フレンド」も読んでいたけれど、同時に「少年キング」「少年サンデー」「少年ジャンプ」「少年マガジン」も愛読書だった。

今日、郵便局に出かけたら、昔なつかしの漫画を集めた切手シートが目に止まり、思わず購入。

「少年サンデーのと少年マガジンのがありますが、どちらにしますか?」と聞かれて、一瞬「少年サンデー」の『がんぱれ元気』が呼んでいるような気がしたけれど(^_^;)、ここはやっぱり「少年マガジン」のほうをチョイスです。

なんてったってオールスターが勢ぞろい。

これ。↓

切手シート少年マガジン編

エイトマン(ひかる~そら、ひかるおおぞら~ひぃかるだい~ち♪)

タイガーマスク(しろい~マットのお~ジャ~ングルにい♪)

巨人の星(おもい~こんだあら、しれん~のみ~ち~をを♪)

空手バカ一代(か~ら~て、いちだあい、ちかあったひ~から♪)

ゲゲゲの鬼太郎(ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ~♪)

愛と誠(西條秀樹と早乙女愛キャストだった?)

天才バカボン

釣りキチ三平

あしたのジョー(サンドバッ~グに~うかんでえ きええ~るう♪)

翔んだカップル

 

「愛と誠」と「翔んだカップル」だけアニメではなく実写版で放送されてましたね。

「巨人の星」も「愛と誠」も「あしたのジョー」、「空手バカ一代」も、コミック全部持ってました。

 

愛と誠のラストシーン

刺された誠が愛の胸の中で息絶えてゆくとこ、、、(T_T)

弟と一緒に「梶原一騎は主人公ほとんど殺すんだから~!」と怒ったものです。

なんでハッピーエンドにしてくれないんだよ、愛を幸せにしてくんないのさっと。

あしたのジョーもそうだし。死ななくても星飛雄馬は腕を壊しちゃうし。

ただ、タイガーマスクはどおなったか覚えていない。(^_^;)

後年、マーシャルアーツなんかにハマッて、友達とベニー・ユキーデの追っかけ(笑)をしていた頃、お会いした梶原先生はまだ恰幅がよかった。ハデ~なネクタイをなさってた。

病気をされて、げっそり痩せたときは別人でしたねえ、、。


懐かしの主題歌-目次-

関連記事

Comment

 

私は「こち亀」以外の少年漫画は読んだことが
なかったんですよ~
断然りぼん派でした。
高橋由香利さんとか、大御所一条ゆかりさんが
大好きでした。
友達がマーガレットを買っていて
交換して読んでいました。

こんな遊び心満載の切手が売ってるなんて
さすが日本!

てけてんさんへ 

> 私は「こち亀」以外の少年漫画は読んだことが
> なかったんですよ~
> 断然りぼん派でした。
> 高橋由香利さんとか、大御所一条ゆかりさんが
> 大好きでした。

一条ゆかりさんは新人デビュー作から読んでます。
少年漫画を読むようになったのは、やっぱり弟がいたからですね。
さすがに少なーいお小遣いで、月1冊毎週2冊買うのはキビしいから、
少女漫画は自腹で買い、少年漫画は弟に買わせていました。

> 友達がマーガレットを買っていて
> 交換して読んでいました。

「花とゆめ」か、忘れたけれど、『ガラスの仮面』読みたさに、
発売日になると、友達の家に押しかけてましたよ。

> こんな遊び心満載の切手が売ってるなんて
> さすが日本!

これの少女漫画シリーズも出ないですかね~
砂の城やベルばらや、陸奥A子さんのとか。


  • posted by うらん→てけてんさん 
  • URL 
  • 2009.04/05 17:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

ワタシもりぼん派でした♪ 

小学生の頃、なかよし派とりぼん派があって、
その頃、「なかよし」では、「おはようスパンク」とかやってました。
スパンクはアニメにもなりましたが、最近ローカル放送で、再放送をしててびっくりしました。
主題歌とか覚えていたのにもビックリしました。(笑)
今は、同じ枠で「ハクション大魔王」をしてるんです。(笑)
みーすけが真剣に見てます。(笑)
りぼんは、「砂の城」が始まった頃から定期購読してました。
陸奥A子さんとか好きでした。
高校の頃は、「少年ジャンプ」も買ってました。
「ドラゴンボール」は、全巻持ってたけど、古本屋さんに売っちゃいました。
最近また人気が出てるので、惜しかったなあ、と思ってます。(笑)
今は、週刊誌や月刊誌は買ってないけど、
コミックスはたまに買ってます。
「ブリーチ」と「ワンピース」は全巻揃ってますよ。(笑)
女子向けのコミックスは、「NANA」と「花よりも花のごとく」と「夏目友人帳」と買ってます。
大人になってもマンガが卒業できないワタシです。

ぽんすけさんへ 

> 小学生の頃、なかよし派とりぼん派があって、
> その頃、「なかよし」では、「おはようスパンク」とかやってました。

うおお~(笑)、なつかし~。おはようスパンク。\(^o^)/
うらん、おはようスパンクのクッキー型を持っていて、よく焼きましたよ。

> スパンクはアニメにもなりましたが、最近ローカル放送で、再放送をしててびっくりしました。
> 主題歌とか覚えていたのにもビックリしました。(笑)
> 今は、同じ枠で「ハクション大魔王」をしてるんです。(笑)

へええ、それは知りませんでした。

> みーすけが真剣に見てます。(笑)

親子で見て楽しめるっていいですね。

> りぼんは、「砂の城」が始まった頃から定期購読してました。
> 陸奥A子さんとか好きでした。

カスピちゃんも陸奥A子さんが好きだって言ってましたよ。^^
アイビールックでしたねー登場人物。

> 「ブリーチ」と「ワンピース」は全巻揃ってますよ。(笑)
> 女子向けのコミックスは、「NANA」と「花よりも花のごとく」と「夏目友人帳」と買ってます。

このあたりはまったく不得手です。(^_^;)
いまや本屋は立ち読み専門のうらん。
「YOU」と「コーラス」「プリンセス」←コレは『王家の紋章』目当て。
『王家の紋章』連載が始まったの、いつだろう(@_@;;
ものすごーーーく長い。
いまだにどーなるのかわからない。キャロルとメンフィス。

> 大人になってもマンガが卒業できないワタシです。

うらんもです。
昔はさすがに40過ぎたら自然に卒業するだろうと、思ってましたが
とんでもないです。
もう墓場までこのまま一直線(爆)
  • posted by うらん→ぽんすけさん 
  • URL 
  • 2009.04/06 00:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは~
私は少年サンデーの方を買いました。
まことちゃんが好きだったからです。
子供の頃 まことちゃんの人形が欲しくて欲しくてたまらなかったので わざわざ母の友人に送ってもらったんです。
まる地区のような田舎には売ってなかったのよ…
あー懐かしいなぁ 私はりぼんが愛読書でした。
付録が楽しみでしたねぇ
全員プレゼントっていったら いつも2冊買ってましたねぇ~
  • posted by まる 
  • URL 
  • 2009.04/06 12:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

まるちゃんへ 

> こんにちは~

はい、まるちゃん、こんにちは。

> 私は少年サンデーの方を買いました。
> まことちゃんが好きだったからです。

少年サンデーの切手シートに「まことちゃん」もあったよ、なのら~。
しかし、やはり梅図先生といえば

へび女

です。トイレに行けなくなるのに、見るんですよね。
「おろち」も「猫目の少年」も好きでした。

> 子供の頃 まことちゃんの人形が欲しくて欲しくてたまらなかったので 
> わざわざ母の友人に送ってもらったんです。
> まる地区のような田舎には売ってなかったのよ…

うらんも田舎の子 だったので

> あー懐かしいなぁ 私はりぼんが愛読書でした。
> 付録が楽しみでしたねぇ

そうそう、付録!
付録は「なかよし」より「りぼん」のほうが魅力的でしたよね、ヒソヒソ
今も大事に使わずに取っておけばテレビに出れたのになー。^^;

「りぼん」の裏表紙にいつも、抽選プレゼントの品が載っていて、
田舎では絶対手に入らない、憧れのバレエシューズとかバッグとか
ほしくて、ハガキ出してました。

> 全員プレゼントっていったら いつも2冊買ってましたねぇ~

おお、まるちゃん、すごい。
  • posted by うらん→まるちゃん 
  • URL 
  • 2009.04/06 14:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私 サンデーもマガジンも両方切手買いました。
サンデーは赤塚不二夫ですよね!まあそれはさておき
梅図かずお 蛇女 こわいけど楽しみでしたよね。
その前にママがこわい というのがあってママが蛇に
なっておそってくるんです。 梅図かずおと似たので
古賀?という人の のろいの顔がチチチとまた呼ぶ
これも薄気味わるかったですね。その流れをたどると
山崎トオルのもずく女 になっていくんですね。
誰か忘れたけど蜘蛛が人間の細胞に卵を産みつけ
それが成長して肉がもりあがり蜘蛛がでてくるのは不気味
でしたね。もちろん純粋な少女まんがも読んでましたよ!

neco村さん 

> 私 サンデーもマガジンも両方切手買いました。

おお~。^^

> 梅図かずお 蛇女 こわいけど楽しみでしたよね。
> その前にママがこわい というのがあってママが蛇に
> なっておそってくるんです。 

ああ、その漫画も読みましたっ。
今思いだしたけれど、「へび女」と双璧をなして、怖かったのが
「猫目の少女」です~。
「赤ん坊少女」はむしろ、悲しかったです。

> 古賀?という人の のろいの顔がチチチとまた呼ぶ
> これも薄気味わるかったですね。

それも読んでましたー。「エコエコアザラク」書いてた漫画家さんですね。
そうです、梅図先生はマジ怖い漫画、古賀先生のほうは「薄気味悪さで背中が
ゾク」でした。

> 山崎トオルのもずく女 になっていくんですね。

あ、コレ↑は知りません、、
てか、neco村さん、文学から漫画まで守備範囲、広いですね~。
  • posted by うらん→neco村さん 
  • URL 
  • 2009.04/07 21:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー