しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

ハギレを接いでポケティケース

ハギレ消費生活。
作りました。フタつきポケティケース。
使った布は35年以上ねかせてきた年代もの~。

定番だと思いますが、細長い布を折りたたんで上下を縫って表に返す、という作り方。
30年前に近所の手芸屋さんで教えてもらいましたー。

でも今回は細長布がないのでハギレを接ぎ接ぎして作ることにしたので
Senjyuさんオリジナル、Wポケットのポケットティッシュケースの作り方を参考にさせてもらいました。

Senjyuさんのレシピのはポケティ入口が三つ折り&ステッチになってるのと、
フタがしっかり閉まるようにマジックテープが付けてあるのと、
pokethi-case2.jpg
そして、苦心研究の末、完成したという、背面ポケットが付いてる点です~
pokethi-case3.jpg

フタの内側にポケットを作るのは、以前に作ったことあるんですが
使い勝手としては、
Senjyuさんが書かれているように、フタを開けなくても取り出せる
背面ポケットあったほうが便利だとおもってました~

ただ、その使い勝手を考えてみたときに

Senjyuさんのレシピでは、ポケティ入れ口の幅が9cm、フタも9cmだと、
実際にポケティ入れて、内ポケットに、たとえばハンカチなりサニタリー用品入れたら
ケース本体側はかなり厚みがでます・・
pokethi-case6.jpg
そすると、9cm幅のフタがケースの端まで届かなくなる(それもそういうデザインなのかもしれませんが)
ムリくりに端まで引っ張って止めると、ケースの折り返し位置にゆとりがなくなるので、
わたしはフタの巾、10cmで取りました。

それから、ハギレを何種類も接いで縫うと、トーゼンながら、それだけ縫いしろが増える
ポケティ入れ口の端側は、折り畳んだ布が重なって、多くてて12枚分の厚みになるし
pokethi-case0.jpg
ケース本体側とフタ側では布の厚みが違うので、同じ縫いしろで縫ってしまうと
表に返したとき、本体側とフタ側で丈が合わないポケティケースになってしまいます

手作り慣れてるヒトは知ってることでもたぶん初心者さんは知らないとおもう
↑けして自分が手作り慣れてますわけじゃないけど
布の厚みがある本体側は1~2ミリほど、縫いしろの外側を縫うと、表に返したときに
フタ側と長さが揃うかなー

布の厚みが出るので、Senjyuさんも、ポケティケース作りには薄手の生地を使って、と
言われてますねー。
薄手の布だと、固いマジックテープ縫い付けて、ベリッバリッ開閉を繰り返してると
布に負担かかりそーなので、
マジックテープを縫い付ける生地の裏側に接着芯貼っときました

あとはぁー、、
ポケティケースをハギレを接いで作るとき…
山折り谷折りの位置があるサイズでピースを切り分けてしまわないで
5ミリから10ミリ程度、位置をずらす…
そしたほうがナゼいいかは実際作ってみればわかりますが
写真はポケティ入れ口の裏側
pokethi-case5.jpg
背面ポケットの裏側…
pokethi-case4.jpg

Senjyuさんのサンプル画像も、そんな風な接ぎ方になってるもよう~
で、一枚布にした上で、山折り谷折りの位置にノッチを入れとく。

ココまでやっとけば、わりと仕上がりキレイで実用的な使用に耐える?ポケティケース出来上がると
おもうのです~。

ちなみにわたしが30年前に教わったのは、
ポケティ入れ口が折り返して二重になってるの。
pokethi-case7.jpg
折り返してあるだけだから、表に出る部分、どこにも縫い目がなくてけっこう見た目スマート
こゆう縫い方でカードケースとか手帳ケースとか、きっと他に応用効くよね。


関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー