しのぶろぐ

2012年1月25日主人が急死、翌年6月自分は子宮頸がん(3b期)に。現在は放射線治療の晩期障害で腸が癒着し、イレウス起こすようになってしまいました。。子なしのおひとりさまが書くブログです。

Entries

わたしがパッチワークをやめたワケ

先日、”キルトとつんちゃんと”のmimiさんから、布を頂きましたー。



わたしが持ってない素敵な花柄中心~。ハギレというには十分すぎるサイズ。
小物作るのに助かります~。
うちにあるのってカットクロスを使った残りの、ホントのハギレばっかだもんなあー・・
むかーしむかーし、パッチをやってた頃の残骸でございます

はじめてパッチワークつうのを知ったのは、
むかしむかしの愛読誌、アンアンに載ってた、野原チャックさんが作ったベッドカバー。
でもその頃はパッチ用の生地なんか、そうそううなくって。
小花柄のブロードくらい?
それから、これまた私の愛読誌、『私の部屋』や『生活の絵本』に
パッチワークで作った小物を見かけるよーになり、作り始めた。

本格的?にやってたのは結婚してからで~
その頃は既に『パッチワーク教室』なる月刊誌も出ておりました。
今はネットショップがあるけれど、昔は生地買うのに、
たとえば斉藤謠子センセのキルトパーティとか、キャシーさんのお店で
会員登録してると、定期的にちーこい生地見本が送られてきて、
それ見て、ほしい布を注文する、とゆー。
キャシーさんのお店からは、キットの写真なども同封されてました。
今思うと、会員の数だけ、写真を焼き増ししてたの、大変だったろうなー。

そのうち、今はなきパソコン通信を始めて、これも今はなきNIFTY-Serveに入会すると
手芸フォーラムがあり、その中にパッチワークの部屋があって、
同じ趣味の人たちと交流するようになり、文字だけのやり取りの世界でしたが、
パッチワークのノウハウや情報を教え合ったり、フレンドシップキルトの会や、キルティング練習組など
色々イベントもあり、そこで知り合った人からパッチに使う副資材の共同購入をしたり、
どこか教室に通うこともなく、ずっと独習でやってきた自分にとっては、かけがえのない場でしたねー。

でも楽しい時間は続かなくって・・
フレンドシップキルトの会で、みんなとパターンの交換などしてる頃でした、、
パパが、、順調に出世していた、会社を突然辞めたのです・・
ちょうどその頃はバブルがはじけて、不景気時代に突入していて、
すでに40代では再就職が難しいといわれていた中、
ほんとに、、再就職するまでタイヘンでした、、毎日、うちの中が暗くて。

私も精神的に落ち込んでしまって、フレンドシップキルト作りが
続けられなくなり、みんなに断って、会を抜けさせてもらいました。。

やっと再就職が決まって、パパも明るくなり、私はパッチワークを再開
しようかなーと思い始めたのですが
そう思っていたら、またもやパパが会社を辞めてしまい・・

なんでだろ~、なんで、私がパッチワーク始めようとすると、
パパが会社辞めちゃうんだろう~
これは、私にパッチワークするなって、ことなんだろうか?
そう思い始めたら、怖くて、
もうパパに会社辞めてほしくなかったから、
私はパッチワークやめることにしました。
やめて、買いためた生地やハギレも全部、キルト綿やらフープやら全部
押入れや部屋の隅の整理ボックスに仕舞い込んで
封印しました。

あれから30年くらい!か?
もはや、パッチのパターン名もすっぽーーーん
ほとんど覚えていません~
パッチの本も色々沢山持っていたけれど、
図書館に寄付したり処分したり、で、手元になく、
作った作品も人にあげたり処分したりで、ほぼ残ってないし

パパがいなくなった今、また始めようにも、、
縫い方さえ、思い出せない~~
裁縫箱の中に残っていた、まるちゃんの入れ物・・
むかし、使い倒した、シンブルあれこれ。。
quilt1.jpg
金属のや皮革のや。
全部、穴がぼこぼこ空いてる。なぜか捨てずに取っておいたんだ、、。
穴があくと、皮革のシンブルはめて、その上から金属のはめて、とかやってて、
いや、逆だったか?

あ~~、シンブルって、どっちの手の、どの指にはめるんだっけ?
使い方さえ覚えてないー
誰か教えて~

ちょっと試しにやってみたものの
右手にリングの指ぬき、左手の人差し指にシンブル~はないから、
黒羽先生とこで買った、シンブルとしても使える指ぬき↓
quilt3.jpg

はめて
キ、キルティング・・
quilt2.jpg
えーと~
生地の裏に差し込んだ針を、左手のシンブルで受けて、針を押し上げる、、んだっけ?
うわ~、、、全然、うまく縫えないよ、、
表も裏も、針目、揃わないじゃん、、、
3cmに12目縫えた、なんて昔の栄光、ひたるどころじゃありません、、
まず、針目を揃えるとこから始めなきゃ・・
どーしよーもない
ヒー

まだ不安だったのに

三度目の緊急入院になったときは
16日の午後11時半頃に、入院荷物抱え込んで
救急外来に電話入れながら、タクシーに飛び乗り
病院に着いたのがまだ12時前。
でも診察室に先生が来て、診察してもらったときには
日付が変わっていて
17日の午前さまに病棟に移動し
その日の昼前に病棟医が来て
「いつから食事取りますか?」と聞いてきた。

エエエー 、まだ早いでしょ、 まだ怖いよ、
いつも数日は絶食に点滴じゃんか
今回は「痛い」と感じて早めに救急外来に駆け込んだので
酷い嘔吐がなかったから
こんなに早く食事取らせる気かい~

「いつから」と聞くから、
「まだ食べるの怖いから朝昼抜きます」と答えたら
「じゃ、夕食から出しますね」
ですと、、。

で、こわごわ、夕食(もちろん全粥)食べまして、
翌朝になったら、やっぱり、ちょっと、お腹が痛い…
看護師さんも、聴診器あてて
「うーん、腸の音が弱いですねー」と言う。

しかしここへまた、病棟医がやってきて
「うらんさん、何時に退院しますか?」と聞く。

エーーー、まだお腹痛いって言ってるのに、
看護師さんもお腹の音弱いと言ってるのに、
退院の話がなぜ出るんだ~~
まだあと2日くらい様子見てほしいぞ~

病棟医のセンセイ、たたみかけるように
「午後でいいですか、午後2時くらいで」
オ、オーイ
もう有無を言わせず、退院させる気だよ、、

仕方なく
「午後2時くらいってお腹が痛くなることが多いんで、もうちょっと遅く・・」
と諦め80%で返事すると
「じゃっ、午後3時にしましょう、午後3時ね」と
一人頷きながら、病室を出ていった…
当たり前とはいえ、退院時の手続きがあるから、退院予定が即、ナーステと
医事課に伝えられ、
午後に看護師さん来ても
「うらんさん、午後3時で退院だってね」
会計の事務方なんか、
午後2時に入院費の額を知らせに来て、
「お会計、先にお願いしますね」
・・・・・

ベッド待ちがあるんですかね、
自分のベッドを早く次の患者に使わせたいのか
三次救急の病院だから~

もう入院したくないよ、、
サブイレウス再発、もういいよー

*CommentList

ベンちゃん固くて出てこない

ま~た、、腸が癒着してるらしき、下行結腸のあたりが
固く、重い感じがして、
そのあたりを、手のひらでスリスリ、マッサージしてる。

ココに固いベンちゃんが居座ってるのかあ~
頼むから、無事、通過してくださいよおー

入院中も、看護師さんに
「ココがなんかカチカチで重いんです~」と言ったら
触ってくれて、「ああ~、そうですねえ」
「便が固いのかもしれませんねー、マグミット出してもらいましょうか」

マグミット
こないだのふらっとカフェで、ガン友さんにも言われたんだ、
「うらんさん、マグミット出してもらってないの?」と。
そう、出してもらってなかったのです。
これ。↓

便を柔らかくするお薬、、って、
よく見たら、酸化マグネシウムって書いてある。
なんだ、カマじゃん。(前にも胃腸科で出してもらってたやつだ)

しかし、最初から出してくれればいいのに、、病院も。
3月初回の入院時も脱水症からとはいえ、便が固かったんだから。

で、このマグミットですが、
入院中から、毎食後2錠ずつ飲んでたものの、
いっこうに効果なく、
退院してからも3日ほど効果なく
4日目にやっと柔らかくなったと思ったら軟便で、
薬剤師さんから「軟便になったら中止して」と言われてたので、
飲むの止めたのに、
夕方には、これが下りスーパービュー踊り子
ゲリP。
翌朝もゲリP.
カチ便からちょうどよく柔らかくなる過程がないではないか。

その頃から食べても吐いちゃってたので、
出るもの、いや、出なきゃいけないモノが出なくなり
出たと喜んでも少量で固くて
また、マグミット再開するも、
薬剤師さんに「1錠から2錠、状態に合わせて飲む量を調節して」との
指示通り、1錠から様子見してる。

気持ちよく、する~り、と出ないものでしょうか。
腸閉塞患者にとって便秘問題は死活問題だよ。

食べても吐いちゃうよ~

退院してから数日間は水分と飴なめて過ごしていましたが

↑にっき飴はシナモンが腸の蠕動運動を促進する作用があるというので買ったけど
正直あまり美味しくない…たぶんもう買わない
その飴なめ過ぎて舌が荒れてしまい

固形物摂らなきゃだめか~と
いつもの全粥+野菜スープ+卵とか豆腐 生活に戻りましたが
↑コレ食べてても腸が詰まりかけたせいで
食事が終わると「今食べたので又腸が詰まるのかー・・」と思うと
不安感と同時に吐き気が襲ってきて

うええええぇぇぇぇ~ゲボゲボゲボ

吐いてしまうのでした

昨日今日、三食食べるようにしてるけど、食事が終わるたび、
うええええぇぇぇぇ~ゲボゲボゲボ
繰り返してます…

ご案内

ニーナの着せ替えアルバム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

地球の名言



presented by 地球の名言

プロフィール

うらん

Author:うらん
昭和32年2月20日生まれ。
神奈川県三浦市出身。
5歳年上のパパと2人暮らし。

内部障害者に理解を

ハート・プラスの会

安心介護

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト。介護のための簡単診断や、専門家による「介護の基礎知識」コラム、最新の介護ニュースも掲載しています。

介護の悩みに専門家が無料で答えるQ&Aサイト「安心介護」

最近の記事

ブログ全記事表示

ブログリスト

月別アーカイブ

ブログ内検索

参加しています↓

右サイドメニュー